SHACHUoo!

車中泊かんたん予約専門サイト

ホーム >  ユーザー利用規約

ユーザー利用規約

1.利用目的
この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,車中泊スポットshachuoo! 運営事務局 丸吉日新堂印刷株式会社(以下,「当社」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。お申込いただくユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。
第1条(適用)
本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
第2条(利用登録・予約申込み)
車中泊スポットshachuoo!利用希望者が当社の定める方法(申込みフォームからの送信)によって利用申込みを申請し,当社がこれを承認することによって,利用申込みが完了するものとします。
一日一組限定スポット等の場合は、仮予約を受け、空き状況を確認後当社より予約確定メールを送信し、3日以内にユーザーよりキャンセルや変更の申し出が無い場合を除き申込み完了とみなします。
当社は,利用申込みの申請者に以下の事由があると判断した場合,利用申込みの申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用申込みの申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)その他,当社が利用申込みを相当でないと判断した場合
第3条(通知または連絡)
ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法(メールによる送受信)によって行うものとします。ユーザーの電子メールアドレス宛に送信し、ユーザーの電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもってユーザーへの通知が完了したものとみなします。ユーザーは、当社が電子メールで送信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。迷惑メールへの振り分けやユーザーの受信端末の設定による送受信不具合に関して、当社は一切責任を持ちません。
第4条(利用料金および支払方法)
ユーザーは,本サービス利用の対価として,当社が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,当社が指定する方法(クレジットカード)により、申込み後7日以内に全額入金確認後正式予約とみなします。 7日を過ぎても入金確認ができない場合は自動キャンセルとみなし、ユーザーへの連絡無しに自動キャンセルとなります。
第5条(キャンセルポリシー)
当社がユーザーから予約を受付け、料金を徴収した後、ユーザーからのキャンセル時は、以下のキャンセルポリシーに従い以下の金額をキャンセル料として徴収後返金処理いたします。
尚、返金によるカード決済手数料はユーザーの負担として差し引いて返金いたします。

7日前まで キャンセル料無し
7日~4日前まで 利用料金の20%徴収後返金
3日~2日前まで 利用料金の50%徴収後返金
1日前 利用料金の80%徴収後返金
当日及び連絡無しでキャンセル 利用料金の100%徴収

 *返金時の手数料は引いて返金処理をする。

第6条(受付及び利用方法)
ユーザーは当社が運営するホームページから予約をする。申込み時にはユーザー・当社・車中泊スポットへ同時に予約メールが転送され、これを元に予約及び契約成立とみなす。
利用当日は、ユーザーはあらかじめ指定された車中泊スポットの受付に予約内容を申し出て利用する。
利用中は、あらかじめ車中泊スポットが提供する利用証と通行カードを指定の方法と場所に掲示し、円滑な利用を促す。
万が一指定の時間に遅れる場合や、キャンセルの場合はユーザーより車中泊スポットへ直接連絡を入れる事
第7条(チェックアウト時)
ユーザーが車中泊施設利用を終了しチェックアウトする際、利用証と通行証を使用した場合は必要に応じ所定の場所まで返却いただき終了とする。 その他の場合は指定時間まで速やかに退去する事。 指定時間を延長する場合は空き状況により別途費用にて延長ができる場合がある。
第8条(ユーザーが利用中の事故・怪我・破損・盗難・火災等について)
当社は車中泊スポットの施設においてユーザーが利用中に起こしてしまった事故・怪我・施設の破損・盗難・火災等に関しては一切責任を負わないものとする。
また、車中泊スポットでの火災、器物破損等で損害を与えた際には、車中泊スポットよりユーザーへ損害賠償請求が行く事がある。
その他も含めトラブルが発生した場合、ユーザーは自己の責任と費用負担においてこれを解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。但し、ユーザーは、車中泊スポットとの間で生じた問題について、必要に応じて当社への相談を行うことができるものとし、当社は、紛争解決のため、可能な範囲で対応を行うものとします。
車中泊スポットの過失により、ユーザーに損害を与えた場合は、ユーザーは直接車中泊スポットとの間で紛争解決の対処をする。その際、当社に過失が無い場合は当社に賠償責任等はないものとする。
第9条(利用制限および登録抹消)
当社は,以下の場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)その他,当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。
第10条(免責事項)
当社の債務不履行責任は,当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
当社は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。
当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者及び車中泊登録スポットとの間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。
第11条(反社会的勢力の排除等)
反社会的勢力と思われる団体、個人の利用は一切お断りします。
(1)「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条第2号に定義される暴力団及びその関係団体。
(2)暴力団及びその関係団体の構成員。
(3)その他、暴力、威力、脅迫的言辞及び詐欺的手法を用いて不当な要求を行い、経済的利益を追求する団体又は個人。
(4)前項の団体又は構成員と関係を有することを示唆して不当な要求を行い、経済的利益を追求する団体又は個人。
当社はユーザーが当該項目の表明、保証に違反していると合理的に判断した場合には、何等の通知催告を要しないで直ちにユーザ
ーの利用拒否及び登録を抹消することができるものとします。
前項に基づきユーザー登録を抹消した場合、ユーザーは本サービスの利用により発生した債務の支払につき期限の利益を失い、当該債務を即時一括して弁済するものとします。
当社は、顧客登録を抹消したことによりユーザーが損害を被った場合においても、その損害を賠償する義務を負わないものとします。
第12条(サービス内容の変更等)
当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
第13条(利用規約の変更)
当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
第14条(禁止事項)
ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
(4)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他のユーザーに成りすます行為
(7)当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)その他,当社が不適切と判断する行為
第15条(本サービスの提供の停止等)
当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
第16条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。
第17条(個人情報の管理)
ユーザーの登録情報及びユーザーによる本サービスの利用に際して当社が知り得たユーザーの情報については、別途定める「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」に従って取り扱われるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
第18条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する札幌地方裁判所を唯一の管轄裁判所とする。